創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

ゼロから練り上げたプログラムを通して
受講生が「変わる」手ごたえを感じる。
それが最高に感動する瞬間。

コーポレート・ソリューション・チーム シニア・コンサルタント

小林 美沙

Misa Kobayashi

Qこれまでの職歴を教えてください

大学を卒業後、インターネット求人メディアを運営する企業に、求人広告の営業職として入社しました。インタビューを通じて、顧客企業やそこで働く方々のやりがいを記事にして世の中に発信する仕事に面白みを感じるのと同時に、採用だけでなく、その先の育成や配置等も含めた「人材が活躍する仕組み(人事システム)」に興味を持ち、ITベンチャーの人事職に転職しました。そこでは採用、異動、人事制度や育成体系の企画運用、メンタルヘルス等の領域を幅広く担当しました。経営をドライブさせるための組織・制度・人づくりの奥深さと難しさをかみ締めながら仕事をした期間でした。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

元々採用担当として前職に入社しましたが、その後、人事制度や育成体系の設計に携わるようになった際、「経営戦略が理解できないと人事戦略が策定できない」ことに気づき、グロービス・マネジメント・スクールに通い出したことが、グロービスとの出会いです。
その後、前職の経営体制が変わったことをきっかけに転職を考え始めたのですが、「人材の活躍を通じて企業・組織の発展を支援したい」という想いは変わりませんでした。また、改めて過去の仕事を振り返った際、営業として顧客企業をご支援することや、お客様と一緒にプロジェクトを進めるプロセス等にやりがいや喜びを感じていたことにも気づき、「営業」という職種希望も合わせて検討していたところ、グロービスの求人に出会いました。中々上記の希望を満たす求人が無く、また、受講生としてグロービスのサービスの素晴らしさは体感していましたので、「ここだ!」と想い、直ぐに応募しました。応募の段階では、「募集職種に対して経験・能力不足ではないか」との不安や懸念もあったのですが、それよりも、手がけるプロジェクトの社会的意義や自己成長の可能性の大きさが勝りました。また、面接を担当くださる方々が、私の考え方や想いを深く聞く姿勢を持って接して下さったため、面接自体がとても楽しいものでした。グロービスウェイへの共感もあり、グロービスにご縁があったら入社をしようと、内定をいただく前に決めました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

現在はお客様を数社担当し、シニアコンサルタントとして活動しています。お客様の経営課題や組織課題を深く理解する努力をしながら、組織開発・人材育成目標を達成するための教育プログラムをご提案する仕事です。取り扱うテーマの特性上、お客様の状況に合わせたカスタマイズプログラムをご提供することが多いため、「プログラムを提案して終わり」ではなく、セッションの現場に同席し、狙いとした「受講生の認識や行動の変化」が見られたかを観察します。自身の仕事の成果が確認できる点が、この仕事の面白みの一つです。

中には1年間など長期のプログラムもあり、その期間を通じて受講生の皆様の考え方やものの見方が「変わった」と感じられる瞬間が、最高に嬉しく、感動する瞬間です。また、セッションの場に顧客企業の社長様や役員の方々が同席されることも多々あり、人材育成に本気で向き合うお客様方と仕事が出来ることにもやりがいを感じています。

Qあなたの志は?

小志ですが、「小林さんと仕事が出来てよかった」とお客様に言っていただいたり、社内から「小林さんいい仕事してるね」と声をかけてもらえるような仕事ぶりであることを意識しています。直近では引き続き、担当している顧客企業のグローバル化や新しい価値創造を実現するためのご支援に全力を注ぎたいと考えています。私達が提供するカスタマイズプログラムは、担当コンサルタントがいかにお客様と適切な議論をしてゴールを設定するか、ソリューションのアイディアを豊富に持っているか、社内外の協力者と具体的なプログラムをつくり上げるか等によってクオリティが左右されます。より良いサービスをご提供するために、自己成長・能力開発が欠かせない仕事なので、そのことを忘れず、日々努力したいと思います。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《名古屋》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら
非公開: 《大阪》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら
《東京》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら

[この部門の事例紹介]

法人事業部門 経営人材・組織変革プロフェッショナルの事例
>詳しくはこちら
法人事業部門 経営人材・組織変革プロフェッショナルの事例
>詳しくはこちら
法人事業部門 経営人材・組織変革プロフェッショナルの事例
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る