創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

「個の可能性を広げる場」と
「個×個の可能性を広げる場」を創る。

ビジネススクール 学生募集企画 シニア・アソシエイト

山岸 園子

Sonoko Yamagishi

Qこれまでの職歴を教えてください

新卒でリンクアンドモチベーションという会社へ入社し、人材育成や組織風土変革を担う部署にて施策提案・実行に従事した後、若年層向け教育サービスを提供する新会社へ異動。少人数でゼロから会社を立ち上げたため、企画・営業・人事・経理・総務など会社を経営する上で必要となる業務を幅広く担当していました。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

「意思を発信して周囲を巻き込み、組織や世の中を変えていくビジネスリーダーを増やしたい」この想いを実現するために、グロービスに入社を決めました。
この想いは大学時代から抱いており、特に「意思(やりたい)」の醸成に寄与したいと考え前職へ入社しました。仕事は本当に楽しくやりがいがありましたが、新会社設立に携わり「経営」に初めて真正面から向き合う中で、ビジネスを前に進める際に求められる知識や実行力と、自分の実力に大きなギャップを感じました。この経験から、真に組織や世の中を変えていくためには、「意思」だけではなく実行するための「強い自信(やれる)」がなくてはならない。そしてその自信は経験だけではなく、能力開発に向けた努力から生まれる。そのように考え、ビジネスリーダー教育に携わりたいと思いました。
ではなぜグロービスを選んだのか。その理由は、「アウトプットに求めるレベルの高さ」です。過去に共同でイベントを開催したことがあるのですが、その際に感じた質・スピード感へのこだわり全てが強く印象に残っており、この人たちと共に働くことは自身の成長に繋がると感じ、入社を決意しました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

入社後、一貫して東京校の個人向けマーケティング・学生募集チームで働いています。MBAで得られるものはなにか、ビジネスパーソンが学ぶということにどのような価値があるのか。これらのことを広く認知していくために、様々なメディアの活用やイベントの企画運営、またキャリア面談などを行っています。グロービスは「自ら考え実行する」ということを非常に大事にしているため、自身でターゲットを考え、コンテンツを作り、実行に移し、その結果を踏まえて次の施策を検討していきます。
また現在は、リーダーとして、ひとつのチームを任せていただいています。入社年次や年齢にとらわれずチャンスをいただける風土のため、自身の役割範囲が速いスピードで広がることは非常にありがたいことだと感じています。また、チームメンバーの成長に携わることは、責任感・緊張感も伴いますが、それ以上に大きな喜びを感じられる瞬間です。

Qやりがいを感じるのはどんなときですか?

一つは、「一歩前に踏み出す瞬間との出会い」。そしてもう一つが、「チャレンジする風土の中での成長」です。
まず一つ目ですが、「グロービスでの学びやそこで出会った仲間との対話を通じて、成し遂げたい目標が明確になった」、「自分の可能性を信じ一歩前に踏み出すことができた」、と真っ直ぐな目線で言っていただけた時の喜びは、何にも代えがたいものです。お一人おひとりの可能性を広げ人生を豊かにするきっかけに携われること、そして私が目標としている「組織や世の中を変えるビジネスリーダーを増やす」を着実に実現できていると感じられることは、大きなやりがいであり、働く原動力となっています。
またグロービスの「チャレンジする風土」も大きな魅力です。周囲からいただくチャレンジももちろんありますが、自らが主導して新たな企画を考え実行に移していこうという風土があります。新たな機会を自ら創り出し前に進めていく、その行動を繰り返すことで、自分自身の成長スピードが加速することを感じています。

Qあなたの志は?

組織や世の中を変えていくビジネスリーダーを増やしていくために、「個の可能性を広げる場」と「個×個の可能性を広げる場」を創ることに携わり続けたいと考えています。
「意思と自信を持つことで個の可能性を広げることができる」ということは現在の仕事を通じてお伝えしていることですが、より多くの方へメッセージを届けることができるよう、自分自身の発信力を高める努力をしていきたいです。
一方で、想いがあったとしても一人で実現できることには限りがあります。実現可能性をより高められるよう、可能性を信じる多くの方が出会い、繋がることができる場創りに挑戦し、より前向きな社会を創ることに貢献していきたいと考えています。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》ビジネススクール 学生募集企画リーダー候補
>詳しくはこちら

[この部門の事例紹介]

未来の起業家やリーダーたちに
MBAを学ぶことの意義を伝え、
人生を左右する瞬間に立ち会う。
>詳しくはこちら
MBAを学ぶ時間が、
より実り多き時間になるように。
平坦ではない学びと実践の道を、
「コンシェルジュ」として伴走する。
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る