創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

不透明な時代、企業の原動力は
過去の成功体験ではなく、
未知の変化に対応することが出来る組織であり、
人である

法人営業チーム シニア・アソシエイト

塩田 誠

Makoto Shioda

Qこれまでの職歴を教えてください

新卒でエネルギー会社に入社し、現場第一線での業務を経験後、営業企画部門で働いておりました。具体的には、エネルギー基本計画策定や法改正などの省庁対応、電気自動車や再生可能エネルギーを活用した新規事業の検討、エネルギー小売自由化に伴う新規市場進出をはじめとする営業戦略策定といった業務です。特に家庭用のBtoC市場で経験を積んでおりました。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

これまでの経験から、次のキャリアでは組織変革や人材育成に関する支援を行いたいと考えるようになったからです。この考えに至った背景としては大きく二点あります。
第一に、前職でエネルギー変革の時代に営業戦略の構築や、新規市場への進出を検討する業務に携わっていた経験によるものです。先が分からない、これからの不透明な時代においては、企業の原動力となっていくものは、過去の成功体験ではなく、未知の変化に対応することが出来る組織であり、人であるという考え方を持つことになりました。
第二に、人が活き活きと何かに取り組むためには、「何のために、何故やるのか?」ということを理解することが必要であるという私の考えがあります。したがって、活き活きと仕事をするためには、会社を取り巻く背景や、ビジネスの仕組みを理解することで全体像を把握する必要がありますが、そのためにはさまざまなスキルが必要となります。
グロービスには、これらを支援できる機会があることはもちろんですが、お話を伺う中で、グロービス自体が上記の二点を体現している組織であると強く感じました。また、面談を通じてお話をした方々の人間的魅力や、フラットな組織構造にも惹かれ、入社を決意いたしました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

グロービスの入社後は現在にいたるまで、人材・組織開発事業のソリューション営業部に従事しています。
主に担当顧客の現在や今後の経営戦略を踏まえて起こすべき組織・人材の変化を深く洞察して仮説を出し、顧客の育成担当の方とディスカッションを重ねて、育成の方向性や具体施策を決めます。実施に向けては、顧客や講師、社内のサポートチームの皆さんと共に意図通りの研修となるよう準備していきます。実施後は、受講生や講師や育成担当の方の感想を踏まえて、研修の狙いに対する達成度を振り返り、次にとるべき対策を育成担当の方にご提案していきます。このお仕事は、目的に対してロジックを詰めることが大事である一方、顧客の成長をしっかり伴走したいという想いで顧客の特徴や現状の課題のリアル感を踏まえた提案を行うことが大事であると捉えています。

Qやりがいを感じるのはどんなときですか?

入社以来、お客さまの人材育成課題に対するソリューション営業を行う法人営業部門に所属しております。私が所属するチームでは主に製造業やインフラ業を担当しており、100社ほどのお客さまが私のクライアントです。
グロービスが提供するソリューションは、ビジネスパーソンのスキルやマインドの習得を支援するものですが、お客さまの状況や、支援対象となる方々の年代やお役職、期待役割等により、必要とされる内容は異なります。従って法人営業部門では、自分が担当するお客さまを取り巻く経営環境を正しく認識し、その上でお客さまと議論を重ねることによって、対象となる人材層に必要となる能力として理解・整理し、人材育成施策としてソリューションを提案することが求められます。
また、2018年度からは、顧客価値の最大化と自社の営業活動の効率化を目的にした、自社の営業活動を見直すためのCRMプロジェクトにも参画しております。
本プロジェクトには自身で手を挙げて立候補をしましたが、入社2年目という立場にも関わらず参画を認めていただき、年齢や経験に関係なくチャンスを与えてくれるフラットな組織であると改めて感じております。

Qあなたの志は?

上記に記載したとおり、企業の組織変革や人材育成の支援を行っていきたいと考えております。
そのために、まずは法人営業部門として、各社さまの課題に真摯に向き合い、グロービスのソリューションを通じてお客さまの組織・人材の課題を解決することに努めたいと考えております。
また、中長期的には、講師や、コンテンツ開発等にも携わり、今の業務とは違った角度からもお客さまの支援に携わりたいと考えております。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》アカウントエグゼクティブ
>詳しくはこちら

[この部門の事例紹介]

ファカルティ・コンサルタントの事例
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る