創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

顧客企業に貢献するだけではなく、
自社ももっと働き甲斐のある組織へ進化させる。
それが私の志。

法人営業チーム シニア・アソシエイト

今西 友子

Yuko Imanishi

Qこれまでの職歴を教えてください

新卒でD2Cというモバイル広告の会社にて、媒体管理業務や自社メディア・新規媒体開発業務を4年間経験しました。その後、結婚を機にD2Cを退職し、ITベンチャー専門のヘッドハンティング会社に入社。営業アシスタントとして、顧客企業の求める人材のリサーチ・マッチングを通じた採用支援業務に2年半携わりました。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

グロービスであれば、前職で抱えていた葛藤や矛盾を乗り越え、「人・組織の成長に貢献したい」という自分の想いを実現できると思ったからです。前職では、ITベンチャー企業の採用支援業務に携わっていましたが、急成長を遂げる顧客企業においては、圧倒的な人材不足から、それを採用によって補わなければならない現状がありました。大手企業に比べ、ITベンチャー企業における採用は難易度が高いので、顧客企業が求める人材を市場から見つけ出してマッチングできた時は、非常に感謝されました。採用によって企業の成長が加速するのだと思うと嬉しく、やりがいもありました。しかし、その一方で、顧客企業・求職者両者にとって幸せな採用支援への限界も感じていました。時には、自分たちの売上達成のために、求職者の転職を促さざるを得ない場面もあったように思います。転職という求職者にとっての人生の岐路に関わっているのに、売上必達を課されることに対しては、葛藤・疑問もありました。そんな中で、芽生えたのが、育成によって、人・組織を強くし、企業の成長に貢献していきたい、という想い。また、営業アシスタントとしてではなく、営業として、顧客に向き合い成果にコミットしたいという気持ちも日に日に強くなりました。転職活動をする中で、創造と変革の志士を1人でも多く輩出し、日本社会に貢献していくというグロービスのビジョンに心から共感し、入社を決めました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

2015年の入社以来、法人営業部門で、顧客企業の育成課題に対するソリューション提案をしています。担当企業は160社程度で、製造・小売・サービス・IT・商社など多岐にわたります。法人営業部門の業務内容は、シンプルに言うと、顧客企業が「成果を出すため」に、今取り組むべき課題を整理し、特定すること。顧客が実現したい戦略や目標を念頭に、育成面からグロービスが支援できることを提案します。具体的には、顧客企業が成果を出すために、どんな組織・人材が必要となるか仮説を立て、カウンターパートである育成担当者と議論し、課題そのものについて認識を擦り合わせます。その上で、企業内研修・スクール・オンラインプロダクトなど、グロービスが持つサービスを組み合わせて育成施策を提案するといった流れです。
顧客企業への提案にあたっては、チーム問わず、リーダー、先輩、また、部署をまたいで誰にでも相談し、多くの知恵を貸してもらえる環境があります。さらに、営業サポート、オペレーション、講師など様々なメンバーに協力いただき、顧客企業の育成施策を実現していきます。営業としてはもちろん、個人の目標数字は持っているのですが、グロービスにおいては、自分1人で闘っている感覚を持ったことはありません。お客様のハッピーのために何ができるのか、メンバーと共に考え抜き、仕事に取り組めるのは、とても楽しく、やりがいを感じられます。

Qあなたの志は?

今は、顧客企業の1つでも多くの課題解決に貢献できるような営業になること。そのために自分自身もグロービスのマネジメント・スクールで学びながら、顧客理解と自社のサービス理解を深めるための知識をつけているところです。そしてゆくゆくは、自分が所属している法人営業部門をさらに強い組織とすべく、自部門の採用・育成に携わっていきたいと考えています。グロービスのサービスを通じて顧客企業に貢献する、そして、グロービス自体を今よりももっと働きがいのある組織にしていく、それが今の私の志です。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》アカウントエグゼクティブ
>詳しくはこちら
非公開: 《大阪》アカウントエグゼクティブ
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る