グロービス・ウェイ
グロービス・ウェイ

グロービス・ウェイ

グロービス・ウェイは、グロービスの憲法に当たる考え方で、スタッフが議論した結果、生まれたものです。グロービス・ウェイは「経営理念、事業指針、行動指針」から成り立っています。

経営理念

ビジネスを通しての社会貢献(対社会):
グロービスは、常に新たな価値を創造し、ビジネスにおける新機軸を打ち出し、社会的善のビジネスを通して社会貢献を行なう。

自己実現の場の提供(対個人):
グロービスは、社の内外を問わず、グロービスに関わるスタッフ各自が可能性を信じ、企業家精神を発揮し、相互啓発を通して自己実現できる場を提供する。

理想的な企業システムの実現(対ステークホールダー):
グロービスは、顧客を初め事業に関わる全ての人々の満足度を高め、21世紀のリーダーとして、フェアでオープンな理想的企業システムを構築し、維持する。

事業指針3SCH

Stakeholder Satisfaction
(社会、顧客、取引先、社員、債権者、株主等企業と関わりのある全ての会社・人々の満足度を高める)

Creativity
(常にクリエイティブに。グロービスの独自性を出す)

Speed
(事業展開・業務のスピードを重視する)

High Quality
(常に高品質なサービスを提供する)

Systematic Expansion
(相乗効果を発揮できる事業展開をシステマティックに行う)

行動指針STRETCH

Self-development
(個人の能力を高めよう)

Time Management
(時間管理を徹底しよう)

Responsibility
(業務に対する責任を持とう)

Enthusiasm & Enjoyment
(仕事に情熱を持ち、楽しもう)

Thoughtful Action
(行動は早く、良く考えて)

Cooperation
(皆で協力し合おう)

Heartful Communication
(コミュニケーションは心を込めて)

ビジネス・ウェイ

BROAD ではなく「FOCUS」

  1. 資源集中:広範な業務領域を持たずに、重要な限られた領域群にのみ資源を集中する(GMS,GOL,GCP,GMI,GMB)。
  2. ブランド力:国際的に強いブランドネームによる強みを確立し、維持する。
  3. 相乗効果:相乗効果を発揮させて、競合他社への競争戦略を確立して、常に勝てる体制を整える。

 

BIG ではなく「POWERFUL」

  1. 外部資源の有効活用:アウトソーシングを徹底して、最小限の優秀な人材を擁して、最大の効果を発揮する。
  2. NO.1指向:グロービスが定義したマーケットでは常にNO.1に。
  3. 収益性の追求:売上高拡大とともに、或いはそれ以上に収益性の拡大を追求する。

 

MASS ではなく「SATISFIED CUSTOMER BASE」

  1. 満足した優良顧客ベース:マス・マーケティングではなく、フォーカスしたターゲットにマーケティングして、データベースを活用しながらワン・オン・ワンにニーズを見極めながらアプローチする。
    質の高いサービスを提供して、満足した優良な顧客(グロービスのファン)を広げていくことに重点を置く。

 

CLOSE ではなく「OPEN」

  1. 外部とのオープンネットワーク指向:組織・システムを常にオープンにし、外部スタッフと内部とをボーダーレス化して、多くの方々とネットワークを組み、優秀な外部の力を有効に活用する。
  2. 組織・情報・議論のオープン性:情報をオープンにし、議論もオープンに行い、なるべく多くのスタッフが意志決定に参加できるように努力する。
  3. 異質性:異質な人材を好んで採用して、異質と異質との融合により、クリエイティビティーを重んじる新たな企業文化をつくる。

 

FIXED ではなく「FLEXIBLE」

  1. 分権化によるフラットなネットワーク型組織:理念・ビジョン・基本戦略という共通基盤をもとに、各部門・各チーム・各人に積極的に権限を移譲し、各自が主体的に動きながらも、全体として見れば秩序がある組織を目指す。
  2. 変化適応型組織:成長ステージ、経営環境、ビジョン・戦略の変更等に臨機応変に対応する柔軟な組織・人事システム・企業文化を構築・醸成する。

 

ページの先頭へ戻る