プロフェッショナルズ
プロフェッショナルズ

森 裕子

経営管理本部・代表室ほか・人事・総務チーム シニア・アソシエイト

森 裕子

Hiroko Mori

各人の個性発揮あるいは能力発揮のお手伝いができるプロフェショナルになりたい

これまでの職歴を教えてください

新卒でリクルートに入社し、最初は財務部配属となり経営中枢の傍らで経営者の視点や資金の重要性を知る貴重な経験をしました。その後ブライダル情報誌部門に異動となり、小売店の販売促進のためのプロモーション提案や新規メディアの立ち上げから企画、営業に奔走し、目の前のことに必死になっていたらあっという間に10年間が経っていました。リクルートでは徹底的に主体的に働く楽しさを経験させて頂いたように思います。

なぜグロービスに入社しましたか?

仕事には没頭していたものの、自分自身の興味関心は一過性かつ大量の情報を世に提供することではないということに薄々気付きだしたのが転職を考え始めるきっかけとなりました。当時の私は新規メディアを軌道に乗せることに相当苦戦をしており、「既存事業と新規事業について」「企業が世に提供する価値とはどうあるべきか」、というようなことを悶々と考えていました。 
また、10年間働く中で、組織長が短期間で変わる度に組織の方針がガラッと変わることに疑問を覚えたり、自身もチームマネジメントに携わる中でコミュニケーションによって人のパフォーマンスが変わる経験をしており、「理想的な組織とは」とか「人の能力開発とは」などといったテーマに人一倍関心が強かったように思います。仕事の傍ら、心理カウンセラーやキャリアカウンセラーの資格を取ったり、コーチングの勉強をしていた時期もありました。
ゆえに、今となってはどの転職エージェントに行ってもグロービスを勧められていたのが当然のように思います。しかし、当時の私はグロービスと聞いても「働く場」としてのイメージが全く湧かなかったため、まずは堀代表の著書『吾人の任務』を手に取りました。堀の考えはとてもシンプルで、「社会を良くしたい」という真摯な思いに共鳴しました。そして、この人が作った組織を体験してみたいと思ったことが、直接の応募理由です。

グロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

入社後一貫して人事採用の業務に携わっています。実は人事職を自分自身で希望したわけではないですし、まさか自身のキャリアトラックに「人事」が刻まれるとは思ってもみませんでしたが、面接のプロセスの中で突然人事ポジションの打診を頂き、今に至っています。面接でお会いした人事部の上司達がとても魅力的だったこと、また「一緒にアジアNo.1の採用をしよう」という言葉に魅せられたこともあり、迷いなくグロービスに飛び込みました。今は、採用の立場として、日々多くの方にお会いさせていただいています。
グロービスは創業から20年が過ぎ、日本のみならずアジア・世界を視野に拡大フェーズにあります。また、10年後に「アジアNo.1」になることをベンチマークに据えて日々、全社員が邁進しています。とはいえ今はまだ300人規模ですので、もっと多くのインパクトを社会に与えられるべく、自らが旗を振って道を切り拓いていく強さを持った仲間たちを沢山沢山欲しています。一方で、自分自身もそうだったように、「働くイメージがつかない」と言われがちなグロービス。理解をどうやって深めていただけるか、今は採用の責任を担っている立場として、どうやったら良き仲間を多く増やせるかを模索中の日々です。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

日々のやりがいは、採用した社員たちが生き生きと活躍している姿を見ることに尽きます。グロービスの強みは、提供しているサービス内容やクオリティーはもちろんのことですが、そのサービスを生み出す源泉となる「人」だと断言できます。経営理念に掲げている「理想的な企業システムの実現」も20年で築き上げたグロービスのこのブランド力も、ひいては先人たちが「誰をバスに乗せるか(=採用するか)」をこだわり抜いてきた結果だと思っています。ゆえに、グロービスには本当に個性的で魅力的な善人が多く、2:6:2の法則が当てはまらない、つまり10:0で10が全力で走っている不思議なコミュニティーです。このコミュニティーをパワーアップしてくれる新しい仲間、今後10年、20年、いや300年のグロービスの歴史の礎となる仲間探しに、今は責任とやりがいを感じています。
また、やりがいという言葉からは少しずれるかもしれませんが、社内外からの刺激に満ちているグロービスは、自己成長には絶好の場だと思います。例えば、グロービスの管理職はラインの業務に加えて講師も行います。現部門にもリーダーシップ、HR、論理思考、マーケティング、アカウンティング等など各分野の専門家が集まっており、ミーティングや日常的なコミュニケーションからの学びや刺激が多く、入社当初から「毎日授業を受けているみたい!」と目から鱗でした。つまりは自身も近い将来にそのような存在になるべく、日々積極的に学び続ける必要があるということです。
また、日本を牽引する各界リーダーたちが集うG1サミットへの参加の機会や社員向けの講演会も多々ありますので、彼らの発言や立ち居振る舞い、見据えていらっしゃる世界を垣間見ることで、自身の視野の広まりや視点の高まりを自然に促される機会が非常に多いこともグロービスの大きな魅力だと思います。

将来の夢は?

グロービスの人事としての短期的な目標は、このグロービスというユニークなコミュニティーがもっと世の中に知られ、働きたい企業としての認知、あるいは多くのビジネスパーソンたちにとってキャリアの選択肢として純粋想起してもらえる存在にすることです。そのための企業ブランディングの構築、発信に携わっていきたいです。
長期的には、自分の「周囲数メートルの人たちの幸せ作り」の範囲を広げていくことが自分らしい生き方かなと思っています。つまりは各人の個性発揮のお手伝い、あるいは能力発揮のお手伝いができるプロフェショナルになりたいです。より多くの人に、よりよき感化を与えられる存在になるべく地道に人間理解と自己研鑽を続けることで、その夢を実現していけるはずと思っています。

ページの先頭へ戻る