プロフェッショナルズ
プロフェッショナルズ

井尻 淳

法人事業部門・シニア・アソシエイト

井尻 淳

Jun Ijiri

「教える・伝える」プロになりたい。世の中の「学び」を変革し、学ぶ楽しさを多くの人に知ってもらいたいから。

これまでの職歴を教えてください

大学卒業後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社しました。当初はEC事業部にて、EC出店店舗様向け販促アドバイザー業務に携わり、入社3年目にグループリーダーとなって、10名前後のメンバーのマネジメント業務を経験しました。その後はモバイルコミュニティサイト"モバゲータウン"のアフィリエイト広告営業に従事しておりました。

なぜグロービスに入社しましたか?

まだベンチャー企業であったディー・エヌ・エー社で日夜仕事のことばかり考えながら必死の数年が経過した頃、ふと"本当に自分がやりたい事は何なのか?" との問いが湧き起こりました。人生で自分が心底やりがいを感じた瞬間を振り返りながら、思い起こしてみた時に、大学生時代の塾講師のアルバイトや社会人になってから経験したセミナー講師など、浮かび上がってきたキーワードが「教育」でした。
ヒトが変わる瞬間に携わること、成長の楽しさを感じてもらうこと、そのきっかけになり得ること。自分が真に喜びを感じられる場を求めて転職活動を進める中で、グロービスに出会いました。
グロービスに入社した決め手は「教育」という自分の興味分野と合致していたというだけでなく、採用面接で根掘り葉掘り問いかけられる中で、自身の価値観や、とりわけ青臭い教育への想いに対して、真摯に耳を傾け共感してもらえている実感を持てたからです。自分の信じる教育が実現できると確信しました。
また、グロービスという会社を調べるほどに、Globis-Wayや各種評価制度など、組織をまとめるためのユニークな仕組みが充実していることも背中を後押ししました。

グロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

入社後、法人向け人材組織開発事業の中にある法人営業部門に配属となりました。法人営業部門は、幅広い法人のお客様に、グロービスの多くの商品(集合研修、ビジネススクール、eラーニングなど)を提案し、グロービスに共感して頂けるお客様の数を増やしていく事をミッションとする部門です。主に商社・金融・不動産・サービス系企業を中心に担当させて頂き、周囲の支えもあって2年目に入ると徐々にお客様への提案が結果に結び付くようになりました。多くの企業が抱える経営課題を帰納的に理解し、課題を解決していくプロセスが非常に面白く、その結果として部内表彰を2度得られたことはとても嬉しく、自信に繋がりました。
その後、同じく法人向け人材組織開発事業の人材組織変革コンサル部門に異動し、現在は、法人向けオンライン教育コンテンツの開発を行うデジタルラーニングセンターという組織にて、オンラインを通じた新しい教育の在り方を検討し、能力開発・定着度把握のためのコンテンツ開発に従事しています。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

社会人生活で一貫して感じていることですが、目標に向かって数字を積み上げていく事にやりがいを感じます。そして、その積み上げた結果が“社会的価値に繋がっている”と感じられる事が、さらにモチベーションを高める要素となっています。
また、多くのお客様に、経営課題のソリューションとしての企業内集合研修やビジネススクール受講などを提案・提供していく中で、それが受講生の成長に繋がっていると実感できる嬉しいシーンがいくつもあります。
例えば、企業内集合研修を発注頂いたお客様から、プログラム全体の2日目が終わった頃に、「あんなに勉強嫌いだと思っていた社員が、次の研修に向けて自主的に勉強会をしているんですよ」と嬉しそうに仰って頂けたこと。また、社員のビジネススクール受講を導入して頂いたお客様に、「ビジネススクールで学んだフレームワークが共通言語として社内会議で使われていて、私も通学しないとまずいな、と思いましたよ」と仰って頂けたこと。
これらはほんの小さな規模の、ほんの小さな変革かもしれません。ですが、自分が関わった案件で、少しでも人の成長に向けた一歩が進んでいる、そんな事が実感出来る事をやりがいに日々働いています。

将来の夢は?

講師としての登壇経験を繰り返しながら、"教える・伝える"プロになりたいと考えています。"多くの人に、何を、どんな順番で、どの様に伝えれば一番吸収して頂けるのか“、そして“学びのモチベーションをいかにして継続的に高めていくべきか"という事は、塾やセミナー講師の経験時からの高い関心事でもあります。
教える、伝えるプロになって、達成したい事は、世の中の"教える"を変える事です。
グロービスのティーチング・スキルを通じて、「学ぶ事って楽しい」と感じるビジネスパーソンを増やしていくとともに、「学ぶ喜びを周囲にも伝えたい」、「教え方って本当に大切だ」と感じた受講者の方々がそれぞれの現場で"教える・伝える"を変革していって頂けたら、私にとってはこの上ない幸せです。

ページの先頭へ戻る