プロフェッショナルズ
プロフェッショナルズ

金子浩明

ファカルティ本部・シニア・ファカルティー・ディレクター

金子浩明

Hiroaki Kaneko

自由であると同時に<br />自己責任を重んじる社風に惹かれ、<br />入社に至りました。

これまでの職歴を教えてください

最初は公的機関で医療や福祉の行政に関する仕事をしていました。その後、教育関係の事業会社に転職し、拠点の責任者としてマネジメント経験を積みました。この仕事を通じて経営に興味を持ち、組織・人事系のコンサルティングを行っているリンク・アンド・モチベーションに入社して、人事制度の設計や組織変革に関するコンサルティング、官公庁委託の調査業務などを担当しました。

なぜグロービスに入社しましたか?

教育関係の事業会社にいた際、新たな拠点立ち上げの責任者になり、ビジネスを学ぶ必要性を強く感じる中、堀が講師を務める「企業家リーダーシップ」というグロービスのクラスを受講したことがあります。費用対効果が高く、学んだことは非常に実務の役に立ったのですが、その当時はグロービスで働くということなど全くイメージしていませんでした。その後、グロービスに転職していた知人から「一緒に働く気はないか」と声をかけられ、会社としてのグロービスにも興味を持ちました。様々な部門や職種があることを知って働くイメージが持てましたし、自由であると同時に自己責任を重んじる社風にも惹かれ、入社に至りました。

グロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

入社後数年は、人材組織開発事業のコンサルタントとして、企業の次世代リーダー育成や組織開発プロジェクトを複数社担当していましたが、コンサルタントとして経験を積む中で、法人向けの研修講師にチャレンジするようになり、講師としてのキャリアを歩むことになりました。いくつかのプロジェクトでは自ら志願して教材開発を行いながら、講師を務めました。その後、グロービスグループ内で教材開発および講師育成などを担当する部門に異動し、現在に至ります。現在は、大学院のコース開発(コースのコンセプト、ケースやティーチングノートの作成)、法人研修の講師(主に、自社の実務課題を解決する長期研修)、大学院の講師、ファカルティ組織のマネジメントを担当しています。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

教壇に立つ我々は、ビジネスに関する情報を更新するのみならず、自ら成長している姿を見せる必要があります。我々は、意欲があり経験もあるビジネスパーソンに教育を提供している組織です。講師は「自らが教育を信じており、教育によって成長した結果、講師として前に立っている」ということを告白しているに等しいと思いますし、実際、この告白の真実さを常に受講生から問われます。この心地よいプレッシャーが、私自身のやりがいになっています。

また、グロービスの仕事を通じて、常に成長実感を持てることもやりがいです。入社した時、自分が大学院で教壇に立っているイメージはありませんでしたが、小さなチャレンジを重ねていくことで、徐々に力をつけることができました。グロービスは社員のチャレンジを奨励し、仕事を任せてくれる会社ですが、何もしなくても機会が与えられる訳ではありません。自ら努力をして、周囲に働きかけることが必要です。それを行えば、必ず機会を与えてくれますし、支援してくれます。そして成功したにせよ失敗したにせよ、チャレンジの結果からさらに自己成長が出来ますし、周囲の誰もが私の可能性を信じて、仕事の進め方に対して色々なアドバイスをしてくれます。

将来の夢は?

グロービス経営大学院はアジアNo.1のビジネススクールを目指して、様々な面で進化すべく努力しています。特に、世界のトップビジネススクールと戦う上で、研究開発や発信の向上は戦略的に重要です。私は、個人としてのこうした能力向上はもちろんのこと、組織全体の研究開発能力の向上に貢献したいと思います。

経営学などの実践的な学問領域において研究開発や・発信の力を高めるには、企業の現場と理論との往復が重要です。その点で我々は世界のMBAの中でユニークな存在です。なぜなら、人材組織開発事業やベンチャーキャピタル事業を通じて企業との接点が多く、先端の情報に触れる機会が多いからです。こうした環境を活かして、これまで以上に世の中に役に立つ発信をしていくことができると思います。継続的な書籍の出版はもちろんのこと、政府機関や大企業から参謀やアドバイザーとして頻繁に声が掛かるようになるといいですね。そうなれば、大学院での教育もさらに厚みが増し、ビジョン達成に近付けると思います。

ページの先頭へ戻る