プロフェッショナルズ
プロフェッショナルズ

小西芽衣

法人事業部門・シニア・アソシエイト

小西芽衣

Mei Konishi

一人ひとりの成長を最大限後押ししてくれる環境が、グロービスにはある

これまでの職歴を教えてください

新卒で富士ゼロックス株式会社に入社し、主にマーケティング領域のアウトソーシングサービスを扱う、新規サービス事業に携わりました。そこでは、新規案件獲得のためのコンサルティング営業、案件遂行フェーズにおけるプロジェクトマネジメントなどの業務に従事していました。

なぜグロービスに入社しましたか?

前職で新規サービス事業に携わりながら、なかなか思うように事業が立ち上がらず組織が疲弊していく中で、自分自身が成長することの必要性を強く感じていました。同時に、所属していた組織でも、皆それぞれ問題意識を持ちながら、変わるきっかけを見いだせていないことをひしひしと感じ、「人」が変わらなければ組織は変われないのではないか…そんな問題意識を抱き始めたことが、転職を考えるきっかけでした。
そんな折にグロービスの事業を知り、ここでなら、自分自身が常に成長し続けながら、人に変わるきっかけを与えることで世の中を変える、そんな仕事が出来ると確信し、強く惹かれました。また、面接などでグロービスの社員の方々と話をする中で、非常にロジカルでありながら、一人ひとりに対してとても真摯に向き合ってくださる姿を見て、こんな風にお客様や人に向き合える人に私もなりたいと思ったことが、最終的に入社を決意した決め手でした。

グロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

入社以来、人材・組織開発事業のソリューション営業部に従事しています。所属するソリューション営業部門においては、一社でも多くのお客様にグロービスを知って頂き、グロービスの提供している人材育成プログラムの価値を体感いただくことがミッションですが、そのプログラムの提案に至るまでのプロセスがとても大切です。お客様の経営の方向性を理解しながら、「どんな組織課題がありそうなのか?」「この会社の人材にはどんなスキルが必要なのか?」を調べ、考え抜き、仮説を立てたうえで、お客様とディスカッションを重ねることを何より大切にしています。提供するサービスのみならず、お客様の本質的な課題を理解するこのプロセスも含めてグロービスが提供している価値と評価して頂けるよう、日々の営業活動を行っています。

やりがいを感じるのはどんなときですか?

自分自身の成長が会社への貢献に繋がっている、そんな実感を持ちながら働けることが、グロービスでの大きなやりがいです。一人ひとりの成長を最大限後押ししてくれる環境が、グロービスにはあると感じています。
例えば私は現在経営大学院に通っていますが、大学院での日々の学びは、お客様の課題を理解する営業プロセスの中でダイレクトに活かすことが出来ます。また、上司や先輩は皆、非常に熱い想いを持った各分野のプロフェッショナルであるため、何か迷った時には、的確なアドバイスや私自身がより深く考えるための問いを投げていただいています。
そんな刺激的な環境に身を置き、自分自身が目一杯成長しながら、お客様のことを日々考え抜いて営業活動が出来ることは、グロービスならではだと感じています。

将来の夢は?

まず短期的な目標は、目の前のお客様の課題をより深く理解し、一人でも多くの人にグロービスの価値を体感いただけるようなご提案が出来る営業になることです。当たり前のことのようですが、お客様に真摯に向き合おうとすればするほど、その難しさを日々実感しています。まずは自分自身の日々の成長を通じて、目の前のお客様に「会えて良かった」と思って頂ける営業になりたいと思っています。
中長期的には、私自身がダイレクトに、人に変わるきっかけを与えられるような人になりたいと考えています。今私が、上司や周囲のメンバーによって成長させていただいているように、組織の中で人の成長に寄与できるような人間になること、また、講師として自分の言葉で人に変わるきっかけを与えていくことを、目指したいと考えています。その結果、一人でも多くの人がわくわくしながら働けることのお手伝いが出来れば、何よりも幸せです。

プロフェッショナルが働く募集職種

《東京》ソリューション営業
《東京》ソリューション営業顧客の経営課題解決に向けたソリューション営業
ページの先頭へ戻る