創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

心からその価値を信じられる
商品・サービスに携われることが、
やりがい。

コーポレート・ソリューション・チーム シニア・アソシエイト

伊藤 周作

Shusaku Ito

Qこれまでの職歴を教えてください

大学卒業後、人材系の会社に入社し、求人広告の制作、キャリア情報誌の編集、転職サイトの企画・運営を経て、最後は転職サイトのプロダクト・マネージャーをしていました。グロービスの人材・組織開発事業部には、様々な経歴の社員がいますが、その中でもかなり異色なキャリアだと思います。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

人の「前向きな変化」にコミットすることを生業にしたいと思い、入社しました。
前職での様々な経験や、コーチングという人材開発手法との出会いがきっかけです。人生とは何か、どう生きればいいのか、明確な答えが無いこの世の中で、「○○をやりたい」「△△を大切にして生きていきたい」と思う個々人の気持ち以上に、リアルで尊いものは無いという考えに至りました。多くの人が、自身のそうした気持ちに気付き、大切にして、行動に移せるよう、そのプロセスに触媒として携われる仕事を探していたところ、ビジネスパーソンの育成という切り口で、近しいビジネスをしているグロービスの選考に進むことに。社員の考えや人柄、そして何より、自由でフラットな社風に惹かれたことも理由です。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

人材・組織開発事業部で、法人向けの人材育成・組織開発のコンサルティングを行っています。
他の営業やコンサルタントの方も言及されていますが、「人材育成を経営課題と紐付けて精緻に捉える」ことが、同業他社と比較した際の違いのひとつです。研修等を実施するに際し、最も難しくかつ重要なのは、当該企業が解決するべき人材育成の課題を正確に理解することです。そのためには、組織を取り巻く環境変化や今後の事業方針を踏まえ、社員が実務でどのような壁に直面しているのか、具体的に考え抜く必要があります。顧客企業の公開情報の行間を読み、MBAの知識・考え方をフルに活用して仮説を立て、顧客に的確なヒアリングを行い、解決するべき育成課題を明確にしていく。そのプロセスで価値を発揮することが最も重要です。

Qやりがいを感じるのはどんなときですか?

自分がその価値を心底信じられる商品・サービスに携われることが、最大のやりがいです。この世に価値の無いビジネスはありません。ただ、ロジック抜きで直感的に、その商品やサービスの価値を信じられるか、愛着が持てるかというと、対象はかなり絞られてくるのではないでしょうか。日々のあらゆる業務が何のためなのかを大切にしたい自分にとっては、とても重要な要素です。
また、「自由と自己責任」の原則に則り、最低限の規制やルールしか無い環境で働けることも、やりがいのひとつです。各々が大切にしたいものを持ち、互いに尊重しながらも、結果に対しては貪欲に追求していく。そんな社風に、入社当初は、「なんてオトナな組織なんだろう」と感じていました。

Qあなたの志は?

短期的には、人の「前向きな変化」により深く、近くでコミットをしていきたいと考えています。中長期的には、「アジアNo.1のビジネススクール」を目指すという文脈で、グロービスのサービスをより多くの人に届けていきたいと考えています。現状、国内の大手企業を中心にサービスを提供していますが、組織の規模や国籍、立地を問わず、非営利の組織や組織に属さない個人をも対象に、何らかの接点を持つような動きをしていきたいです。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら
《名古屋》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら

[この部門の事例紹介]

グローバル競争の勝敗を決めるのは、人。
未来を創る人材を輩出するための
パートナーとして、挑戦を続ける。
>詳しくはこちら
大きな可能性を
秘めた通信・ネットワークの世界。
未来の経営を担う人材と、
志を共有できる喜び。
>詳しくはこちら
急速なグローバル化に直面する日本企業。
過去の“常識”に揺さぶりをかけ、
新たな戦いに挑む覚悟を持つ。
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る