創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

「人と組織の可能性を最大限に広げる」
この使命を実現する場がここにある。

法人営業チーム シニア・アソシエイト

内山 遼子

Ryoko Uchiyama

Qこれまでの職歴を教えてください

新卒でリクルートに入社し、採用を1年弱、法人営業を4年半、営業組織のマネジメントを2年経験しました。営業組織に所属していた際には、新商品や新事業の開発・販促プロジェクトにアサインされ、マーケティングから営業推進、営業指導まで一気通貫で経験しました。
顧客はホテルや不動産会社を担当し、主に販促領域における支援を行ってきました。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

第一に、自身の使命感に沿った仕事がしたい、そしてまさにその自己実現の場所であると思ったからです。
20代は幅広い業務経験をしてきましたが、30代以降は自分の使命感に沿って、その専門性を高めていく環境で成長をしていきたいと思っていました。また、転職と同じタイミングで結婚や妊娠をし、人生の中で仕事にかける時間も有限であることを踏まえ、社会における自身の使命を見定め果たしていきたい、そのための力をつけたいと想いを強くしました。
そこで過去の経験や原体験を棚卸する中で、自分は人と組織の可能性を広げるということが使命であると思い、まさにその役割を事業を通じて果たしているグロービスに惹かれました。
第二に、グロービスは専門性を高められる職場環境であると思ったからです。人の育成においての専門性を高める上では、現場を持つこととそれら共通項を見出し理論に昇華していく研究活動を行うことの二つが必要であると考えます。その時に、グロービスの法人営業では常に顧客の人材や組織課題にタイムリーに触れることができ、一方でグロービスでは修士号を取得するとファカルティという研究組織に所属し研究をしていくので、専門性を高める場として魅力を感じました。
上記2点に加え、会社説明会や採用面接を通じて、グロービスの社員の皆さんがバックグラウンドは多様である一方、使命感を持っているという意味では皆さん一貫していたことも入社の最後の決め手となりました。会社や売上のためだけに努力するのではなく、社会の為に自分はどんな役割を持っているのか何を成したいのかをベースに努力する人たちであると感じ、常に自分たちの軸を持った上で仕事を一緒に深めていけるということにわくわくしました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

グロービスの入社後は現在にいたるまで、人材・組織開発事業のソリューション営業部に従事しています。
主に担当顧客の現在や今後の経営戦略を踏まえて起こすべき組織・人材の変化を深く洞察して仮説を出し、顧客の育成担当の方とディスカッションを重ねて、育成の方向性や具体施策を決めます。実施に向けては、顧客や講師、社内のサポートチームの皆さんと共に意図通りの研修となるよう準備していきます。実施後は、受講生や講師や育成担当の方の感想を踏まえて、研修の狙いに対する達成度を振り返り、次にとるべき対策を育成担当の方にご提案していきます。このお仕事は、目的に対してロジックを詰めることが大事である一方、顧客の成長をしっかり伴走したいという想いで顧客の特徴や現状の課題のリアル感を踏まえた提案を行うことが大事であると捉えています。

Qやりがいを感じるのはどんなときですか?

会社として変革すべきタイミングで、育成において中長期的に何をどの優先順位でやるべきかを顧客と議論し、整理することをサポートし、その結果として育成担当の方から、やるべきことが明確になったという反応をいただき実際に動き出す姿を見ると、やりがいを感じます。グロービスに相談いただくタイミングは新会社を設立したタイミングだったり、経営陣が刷新されて経営の新たな展開を作っているタイミング、今後の事業が不安視されてきたタイミング等、変革すべき状況であることが多いです。その中で、中長期の視点に立ち複雑な現状を整理し、次の行動を踏み出すまでを伴走することで、未来を創っているという意味で意義を感じます。
前職では顧客の販促領域に携わり、目の前の売上目標を達成するための広告投資を提案しておりましたが、その中でも、目標達成における課題の本質的な対策としては人や組織の力を高めることにあり、商品がない中自ら研修を企画し実施しておりました。今の仕事では人材育成を本業として本格的に関われることをやりがいに感じます。
今後は、人材育成における経験とPDCAを重ねる中で専門性を高めることによって、顧客が気づきを得るような専門家としてのアプローチができるようになっていきたいです。

Qあなたの志は?

グロービスでの一連の仕事を通じて、重ねてになりますが「人と組織の可能性を最大限に広げる」という自身の使命を全うしたいと思っております。短期的には、まずは担当顧客の人材育成・組織開発のパートナーとなるべく、ひとつひとつの提案や振り返りを作業としてこなすのではなくその使命を体現すべく創意工夫していきたいです。また、講師となって、直接、受講生の可能性を引き出し伸ばしていく働きかけをしていきたいと思います。中期的には、専門性を高め、広く汎用的に必要とされる教材の開発などをしていきたいと思っております。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》ソリューション営業
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る