創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

日本全体の活性化、
ひいては世界経済の発展につながっている。

コーポレート・ソリューション・チーム ディレクター

内田 圭亮

Keisuke Uchida

Qこれまでの職歴を教えてください

大学卒業後、アクセンチュアにて情報通信・ハイテク業界における、システム設計・開発・運用、共通インフラの構築、BPR等のプロジェクトに従事しました。その後、ネットベンチャーにて経営企画、営業、マーケティング、システム、管理と広範な業務に携わりながら、他社との業務提携、Webサイトや広告ビジネスの新規事業の立ち上げを行いました。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

コンサル業および実業の双方を経験する中で、「自分が生涯を通じて取り組みたい道は“人材育成・組織開発”だ」との境地に達したことが始まりです。この思いに至った背景は2つあります。1つはいかに良い戦略やITを導入しても結局
「人」が変わらなければ何も変わらないということ。つまり、すべては「人に始まり、人に終わる」と考え始めました。もう1つは、辛い思いをして働いている人がいかに多いことか、もっと生き生きと働ける社会を創りたいと思ったことが理由です。
そんな中、面接でお会いしたグロービスのスタッフは皆、ロジカルで頭の回転が速い一方、非常に熱い想いを持っていると感じ、ぜひ一緒に働きたいと思いました。それまでも優秀な方にはたくさん出会ってきましたが、優れた頭脳と熱い想いの両方(IQ&EQあるいはCool Head&Warm Heart)を非常に高いレベルで兼ね備えた人ばかりが集まった組織は他にはないと感じたのです。
また、経営学を体系立てて学びながら仕事ができるということ、グロービス・グループのビジネスが「社会善」そのものだと感じたことも入社を決める要因になりました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

法人向け人材・組織開発部門(グロービス・オーガニゼーション・ラーニング)にて、次世代経営者育成を中心とした人材育成・組織開発プロジェクトの企画、設計、コンサルティングを行っています。これは、クライアント企業様の経営課題解決を、主に非日常の場としての企業内研修を通じて、人・組織面からサポートをさせて頂く仕事です。日々、お客様のことを我が事として考え、「今、何をすることが最も良いことなのか」意識しながら、お客様との真剣な議論を重ねて、一緒により良いプログラムを考えています。
また、こうした日々の業務に加え、自ら講師として「クリティカル・シンキング」を担当し、直接的に人材育成に携わることにも取り組んでいます。

Qやりがいを感じるのはどんなときですか?

人材育成・組織開発プロジェクトにおいては、担当させて頂くお客様への「営業・企画・設計・デリバリ」という一連の流れをすべて自分で担うことになります。その分、責任は重く、押さえるべきポイントもお客様の業界環境や経営戦略といったマクロ的視点から、研修を受講される方々の心理状態といったミクロ的視点まで、幅広く多岐に渡ります。
それだけに、設定したゴールをお客様と伴走しながら達成でき、その結果、受講された方がどんどんスキルアップし意識変化を遂げられていく過程に立ち会うことが出来ます。お客様からの感謝や高い評価のお言葉を頂けたりする際には非常に嬉しい気持ちになります。
また、グロービスのお客様は日本を代表する企業が多いため、お客様の企業体質がより強化されることを通じて、日本全体の活性化、ひいては世界経済の発展に寄与できるということが大きなやりがいになっています。

Qあなたの志は?

短期的には、講師としてクラスや研修プログラムを受講する方々に接する際、より強力かつ良質な刺激をたくさん提供できるようになりたいです。そのために、様々な経験を通じて知識の幅を広げ、人としての深みを増すことで、講師としての能力向上を図りたいと考えています。
長期的には、アジアNo.1ビジネススクールを目指すグロービス・グループの法人向け人材・組織開発部門として、人材育成における世界一のメソッドを確立し、世界中の企業様からお声掛け頂けるような存在に、会社としても自分自身としてもなっていたいと考えています。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら
《名古屋》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら

[この部門の事例紹介]

グローバル競争の勝敗を決めるのは、人。
未来を創る人材を輩出するための
パートナーとして、挑戦を続ける。
>詳しくはこちら
大きな可能性を
秘めた通信・ネットワークの世界。
未来の経営を担う人材と、
志を共有できる喜び。
>詳しくはこちら
急速なグローバル化に直面する日本企業。
過去の“常識”に揺さぶりをかけ、
新たな戦いに挑む覚悟を持つ。
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る