創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

もっと、グローバルで戦える日本へ。
ヒントは、日本らしさだと思う。

コーポレート・ソリューション・チーム マネジャー

見満 亮寿

Akihisa Kenma

Qこれまでの職歴を教えてください

大学卒業後、人材サービス会社にて求人関連の新規サービスの立ち上げや、大手SIer・通信キャリアを対象としたBPOサービス等に従事していました。入社当時は人数も少なく、ベンチャーを肌で感じながら、がむしゃらに仕事を覚えていきました。

Qなぜグロービスに入社しましたか?

前職では、組織が急成長する中で、ベンチャー特有のスピード感についていけなかったり、目の前に積み重なる業務の意義を見出せなかったり、と疲弊してしまう社員も散見されました。優秀な社員が多いのに、本来持っている能力や人柄を活かし切れていない状態は本人にとっても会社にとっても不幸なことです。日々そのような状況を目にする中で、もっと人が生き生きと働ける環境づくりや、引いてはそれを可能にするビジネスモデルの変革などに携わりたいと思うようになり転職活動を始めました。戦略系のコンサルティングファームを中心に探していたのですが、その過程でグロービスの存在を知りました。そして他のコンサルティングファームと異なり、グロービスではお客様の課題解決の「相談に乗る」だけでなく、「人材育成」と言う根本的な部分からお客様の変革にコミットできる点に強い魅力を感じ、入社を決意しました。

Qグロービス入社後の経歴と、現在の仕事内容は何ですか?

入社後は一貫して、法人向け人材組織開発事業の人材組織変革コンサル部門に従事しています。現在はアカウントマネジャーとして数社を担当しつつ、同時に商社業界リーダーとして、個社ごとの議論に留まらず、商社業界を取り巻く外部環境、彼らの課題やその背景にある構造についても示唆を抽出し、ナレッジを蓄積させ、メンバーたちが常に新しいソリューションを提案できるよう努めています。
また、転職の引き金になった前職での経験があったように、元来ヒト系領域に強い関心を持っていたため、HRMやリーダーシップ領域の研究開発グループにも所属し、グロービス経営大学院の科目開発などにも携わることで、常に最新の事例をキャッチアップしています。

Qやりがいを感じるのはどんなときですか?

お客様の課題解決やプログラム受講者の行動変容に携われることに関しては、他のコンサルタントが記載している通りで、私もとてもやりがいを感じていますが、それに加え、グロービス自身の成長に携わっていること、新しい事業領域を創りだすことに醍醐味を感じています。
グロービスの急激なグローバル展開は数年前には想像すらできないことでした。しかし2012年を起点に上海、香港、シンガポールへと拠点を広げ、今、私たちはアジアNo.1に向けて着実に歩を進めています。そのような歩みの中で、同様に進化しているお客様の課題に対峙すべく、新しいソリューションの開発やこれまで組んだこともなかったような外部パートナーとのコラボレーション開拓など、やりたいという想いさえあれば、積極的に様々なチャレンジを任せてくれる環境がグロービスにはあります。
例えば、世界展開を進めるエンターテイメント企業の次世代リーダー育成の事例です。日常業務では体感できない経験を通じて視野を広げ、自身と自社を見つめ直し、これからの経営を担う人材としての基盤を確立することを狙う目的で、敢えてシンガポールに赴く研修プログラムを設計しました。このプログラムはお客様とブレストする中からアイディアが生まれていったものですが、前例がないゆえに、社内関係者や現地トップビジネススクールを巻き込みながら、どうしたら幹部候補性がグローバル・リーダーとしての意識や心構えを自ら問い直せるか、構成を練りながら緻密に設計していきました。出来上がったイマージョン(没入)・プログラムではシンガポールにおいて現地MBA学生と自社の成長戦略について相互プレゼンとディスカッションを実施するというもので、お客様からも「当初想定していた以上に刺激があり、研修の枠を超え、受講生の職業観、価値観すら揺さぶる有意義な時間になった」と嬉しい感想を頂けました。苦労も相当に多かったものの、顧客の真のニーズを追求したいという想いを、自分発信で新しいソリューションに落とし込み、実現できたことに大きなやりがいを感じました。

Qあなたの志は?

グローバルで堂々と戦える日本企業・企業人を輩出することに少しでも貢献していきたいと考えています。その際には、漠然とした言葉になりますが、私たちが持つ「日本らしさ」こそが、これから益々複雑性を増す世界において評価されるはずです。「日本らしさ」を追求するために、私自身が真摯に自分や日本に向き合い続けること、内に閉じずに外を見続けること、そして上記の貢献に資する人材になることが、私の目指す姿です。

INTERVIEW 一覧

[この職種の社員紹介]

[職種紹介]

《東京》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら
《名古屋》経営人材・組織変革プロフェッショナル
>詳しくはこちら

[この部門の事例紹介]

グローバル競争の勝敗を決めるのは、人。
未来を創る人材を輩出するための
パートナーとして、挑戦を続ける。
>詳しくはこちら
大きな可能性を
秘めた通信・ネットワークの世界。
未来の経営を担う人材と、
志を共有できる喜び。
>詳しくはこちら
急速なグローバル化に直面する日本企業。
過去の“常識”に揺さぶりをかけ、
新たな戦いに挑む覚悟を持つ。
>詳しくはこちら

ページ上部へ戻る