創造に挑み、変革を導く。GLOBIS | RECRUITING

EVENT

6/21(水)開催
【6/21(水)】いま、必要なリーダーシップとは何か~テクノベート時代の生き方~  代表・堀義人との懇談会

概要

※グロービス関係者の知人・招待者限定 特別セッション

Fin TechやHealth Techなどの言葉に代表されるように、AI(人工知能)やクラウド、ビッグデータなどの新たなテクノロジーによって、イノベーションが加速するテクノベート時代が到来しています。

この乱世ともいえる中を生き抜くために、どのようなリーダーが必要でしょうか?また、私たちはどのような能力を身につけるべきでしょうか?

今回のスピーカーの代表の堀義人は、グロービスをゼロから作り上げた起業家です。世界のリーダーが集まるダボス会議(世界経済フォーラム)に毎年参加し、日本版ダボス会議であるG1サミットを創設し、世界と日本のリーダーたちと対話を重ねてきました。また、20年近くベンチャーキャピタルを経営している中で、新たなテクノロジーがビジネスモデルや組織のあり方、社会生活を変えていくことを見てきています。

今回のセミナーでは、前半は、テクノベート時代に必要なリーダーリーダーシップについて堀が語ります。後半は、グロービスの組織変革コンサルティング・法人部門、スクール部門、研究開発部門等のスタッフも交え、参加者の皆さまとのワークショップも行います。貴重な交流の機会ですので、是非、気軽にお越しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆堀 義人経歴
・グロービス経営大学院 学長
・グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、2013年4月に一般社団法人G1サミットの代表理事に就任。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、代表理事を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす 100の行動』(共著、PHP研究所)等がある。

日時 2017年6月21日(水)19:30~21:30(開場19:00~)
場所 グロービス東京校(有楽町線麹町駅徒歩1分)
※オンラインで東京校以外からも第一部に参加可能です
プログラム ・第一部(19:30~20:30) 堀義人との懇談会 ※オンラインで参加可能
・第二部(20:30~21:30) 社員も交えたワークショップ・交流会
定員 50名
〆切 2017月6月18日(日)まで

応募資格

対象者 ・社会人経験10年程度までのビジネスパーソンの方
・経営・人・組織の変革や教育を通じて社会に貢献したい方
※知人・招待者限定のセッションとなっておりますので、グロービス関係者の知人(直接の知人でなくても構いません)がいる方が対象となります。知人・招待者のお名前が不明な場合等は、別途確認させていただく場合がございます。
※本セッションは採用に関わるイベントですが、転職をまだ考えていない方や、今後のキャリアの可能性を探るためにまずは情報収集をしたい、という方の参加も歓迎します。

※申し込みサイトに遷移します。

EVENT一覧はこちら

ページ上部へ戻る